内視鏡はバリウムを使いません

内視鏡を使って腫瘍の様子を観察しています

早期がんの診察は内視鏡を使っています

悪性度の診察を行っているので安全です

症状によって、検査の内容が異なります。大腸の内視鏡は、時間をかけながら、検査をします。クリニックでは、通常では、判断できなところでも、悪性度の診察を行っていますし、通常の内視鏡では、判断できないところの治療も行っているので、大腸の細部まで調べることができます。大腸ポリープは、小さくて、見つけることはできません。しかし、内視鏡を使用すれば、日帰りでポリープ手術をすることができますし、比較的、大きいものでも、血管の様子を観察しながら、表面を総合的に判断するので、信頼できます。また、クリニックには、ハイビジョンのモニターを導入していて、高精度な診断を実現しています。

体調の変化は、急激に変わりますし、自分自身では、判断できないので、専門家に相談しましょう。大腸のポリープは、内視鏡検査をすれば、現状をすぐに把握できます。検査は、専門家がするので、時間や精神面において、負担はかかりません。ポリープを切除するときは、スネアという電気メスを使って、取り除きます。ポリープを切除したら、クリップと呼ばれる機器で、傷口を縫うので、痛みを感じることは、全くありません。また、検査前に飲む、下剤の量も患者の体調に合わせて、調合するので、身体に負担がかかりません。検査時の細かなデーターは、電子カルテに記録されていますし、継続的にデーターを活用できるように、様々な工夫が施されているので、信頼性があります。

点滴の有無によって料金が異なります

検査をして、本格的な治療を受けるときは、費用に目を向けてください。大腸の内視鏡検査は、使用する薬剤や点滴の有無によって、治療費が大きく変化するので、気を付けましょう。ポリープがたくさんあるときは、治療費が高額になることがあります。皮膚の炎症を調べるときは、光学顕微鏡を使用しながら、大腸や小腸の組織を徹底的に調べます。費用は高くなるかもしれませんが、事前に問い合わせをすれば、金額以上の保険金が支払われる可能性があるので、負担を最小限に抑えることができます。予約をするときは、電話を使って、スタッフを打ち合わせをしましょう。体内にビタミンCを点滴するときは、自費で治療を受けなければなりませんが、美肌やアンチエイジング効果が得られるので、見た目が大きく変わります。また、事前に予約をすれば、直接、高濃度なビタミンCを体内に取り入れることができます。多種多様な効果が確認されているので、より良い効果を感じ取ることができて、満足度が高まります。

人気記事ランキング