大腸がん防止の内視鏡検査と対策

大腸がん防止の内視鏡検査と生活の改善案を説明します

大腸がん防止の内視鏡検査の方法と生活上の善後策

がんは早い段階ではそれほど症状が出ない

大腸がんについては大腸の壁の内の表面に存在している粘膜の細胞より引き起こされ、ポリープそのものががん化してもたらされるものと、正常の状態の細胞からダイレクトに出現してくるものとがあります。非常に多くの大腸がんは前者の系統です。 ポリープには複数のタイプがありますが、がんになる恐れがあるのが腺腫と称されるものでポリープのサイズが1cmオーバーになると、がん化するリスクが高くなってしまいます。 早期ではあまり自分で気付く症状が現れません。重症になると、腹痛、あるいは下痢や便秘そして、便が細くなるまた、血便などの特有の症状が発生します。しかしながら、これらに関しては、がんでなくてもありがちな症状であり、血便は痔と思い違いしがちです。結局、がんをそのままにしてしまい、勘づいたときには相当進んでいたという事例が珍しくありません。

カプセルを使った最新の検査法について

地方公共団体や勤務場所の集団検診で実施されているのが便潜血検査になります。こうした検査で陽性と結論付けられたときは、精密検査を推奨されます。従来広くとり行われてきたのは大腸内視鏡検査ですが、近ごろ、カメラを内蔵しているカプセルを飲み写真を撮影するカプセル内視鏡検査という新たなる検査法を採り入れる医療施設が増えています。 病気があると診断されていたり、疑問視される病を患っている方に対して公的医療保険が適用されるようになっています。 カプセル内視鏡検査についてはカプセルを水を利用することによって飲むだけですから、怖さを感じる必要はないです。このことがカプセル内視鏡検査のとても大きな有益性です。さらに、大腸内視鏡を取り扱う医者にはそれに見合った技術が望まれますが、カプセル内視鏡は困難な技術は必要ではありません。

40歳をオーバーする人は検査と対策が重要

大腸がんについては老齢化とともに罹患率は高くなります。早期発見すれば癒える率の高い疾病なので、40歳オーバーになったら1年サイクルで検診を受けましょう。また、 精密検査は大腸内視鏡検査を行なってもらうことをまず第一に検討すると賢明です。さらに、公的医療保険が利用できる大腸カプセル内視鏡も実用的です。加えて、ライフスタイルに注意することも肝要になってきます。度を越した飲酒や喫煙それから、肥満や運動不足はがんの発生と関係するといわれています。お酒を飲む場合は適量に留意しましょう。日本酒でしたら1合、ビールならば大瓶1本が適量です。そしてタバコを喫煙し続けいる人は積極的に禁煙しましょう。ひとりの力で禁煙に成功しないケースでは、禁煙外来などを活用するのも実効性のある方法です。肥満体の人は暴飲暴食に注意し、自発的に汗を流して肥満解消に取り組みましょう。

人気記事ランキング