内視鏡は無痛なので安心です

鎮痛剤を組み合わせて内視鏡をします

内視鏡をするまえは注射をします

一人ひとりに合った鎮痛剤を調合します

精密な検査をするときは、慎重に行動しなければなりません。大腸の内視鏡は、一人ひとりに合った鎮痛剤を調合しながら、検査を受けることができるので、安心です。細かいところを検査するときは、ハイビジョンや拡大内視鏡を使って、正確な治療が受けられるので、症状の悪化を抑えることが可能です。医療施設によっては、最先端の内視鏡診断機器を導入しています。通常の内視鏡では、観察できないところも、見落とさないので、徹底されています。大腸の内視鏡検査をして、大腸ポリープを発見したときは、その日のうちに切除します。体力的な負担も軽減できるので、すぐに症状が和らぎます。

検査は経験豊富な医師が行っています

実績のある医療機関で検査を受けると、精神面も緩和されるので、信頼性があります。大腸の内視鏡検査は、経験豊富な医師が行っているので、安心してください。また、検査後はお腹の張りを軽減するために、炭素ガス送気システムを導入していますし、消毒や洗浄の履歴も管理しているので、機能性が非常に優れています。患者は日本だけではなく、世界から来院している人も多いので、安心して、検査が受けられます。検査が終了したら、専用のハイビジョン画像を参考にしながら、丁寧な説明が受けられるので、自分自身の症状をすぐに確かめることができます。治療を受けるときは、ロッカールームで着替えてから、待合室で待機します。プライバシーは配慮されているので、女性でも周囲の目を気にすることなく、検査が受けられます。待合室は個室になっていますし、専用のテレビモニターも完備されているので、緊張を和らげることができます。

治療中は専用のハイビジョンモニターを使用します

時間をかけて、検査を受けても、納得のいく結果を受けなければ意味がありません。大腸の内視鏡検査は、世界最大級のハイビジョンモニターを使用しながら、苦しくない治療を心がけています。検査時間は20分程度です。鎮痛剤を使用するので、痛みも感じませんし、検査後は、リカバリールームに案内されるので、身体に負担がかかりません。個室のリカバリールームに案内されると、休憩することができます。着替えをしたら、ハイビジョン画像を参考にしながら、丁寧な説明が受けられます。内視鏡の写真は、プリントアウトされます。また、受付では、検査の注意事項や次回の予約をするので、説明はしっかりと把握してください。日帰り手術をするときも、痛みを軽減するように、工夫を施すので、誰でもポリープを切除することができます。

人気記事ランキング