失敗しない内視鏡検査

内視鏡検査を行うクリニックの選び方を紹介します

クリニックは内視鏡の検査方法や周辺機器をチェック

検査は無痛も選べるところにすると苦しくない

大腸を検査するとき、内視鏡を使って検査をすることがありますが、このとき痛みが苦手であれば無痛の大腸検査を依頼することができます。無痛とは一般的に、鎮静薬などを利用して痛みを軽減する方法です。検査をする前に駐車で鎮静薬を注入しておくと、検査中に苦しいということがなくなります。以前内視鏡を大腸の検査で受けて苦しかったからやりたくないという人でも、無痛にするとそんな思いをせずに済むので受けやすいです。患者の声によく耳を傾け、気軽に無痛を利用できるクリニックを探してみてください。無痛での内視鏡検査の技術が豊富なスタッフがいるクリニックだと成功しやすいので、クリニックを選ぶときはある程度実績がある、無痛での評判がいいところを選ぶといいです。

内視鏡検査を受けるためにクリニックを選ぶとき、その設備が充実しているかどうか見ることは重要です。最先端の機器を利用していれば、それだけ制度の高い診断を行ってもらうことができます。発見しにくいようなわずかな病気の傾向も見逃しにくくなるからです。拡大の倍率が高いだけでも病気の発見率は高まります。検査器具だけではなくその周辺の機器もいいかどうかも確認しておきましょう。例えばモニターが大きくハイビジョンだと医師も診断しやすいです。内視鏡専門医を探すことはもちろん大事ですが、医師だけを見るのではなくクリニックのこうした設備を見ることによって、そのクリニックのレベルがわかってきます。自信のあるクリニックであれば、ホームページにそうした設備機器の情報まで載せているはずです。

患者目線の対応がされているかどうか

患者の希望をできるだけ叶えられるほどの余裕があるかどうかは、大切なチェック項目です。時間がないという人は検査したその日に手術をして帰りたいという人もいます。もしもポリープが見つかった場合、その日のうちに手術できるようなクリニックだと後でまた行くという手間を省くことができます。交通費や肉体的な疲労なども軽減することができるので、できれば当日も手術対応できるようなところを選んだほうが負担は少ないです。また、経験豊富である医師であることも重要ですが、どれだけ臨機応変に患者の身体に合わせて検査や手術をしてくれるのかも大事です。薬剤が苦手であればなるべく量を減らしてくれるなど、患者目線での検査を行っているところを選ぶと、手術が必要なさいにも安心して任せられます。口コミや評判、クリニックの特徴などで患者目線の診療が行われているかどうかチェックしてみてください。

人気記事ランキング